So-net無料ブログ作成
検索選択

毒物劇物受験(山口県) [資格情報]

平成24年10月20日(土)に山口県で毒物劇物取扱者(一般)を受験しました。試験開始が午前10:00なので前泊して、往復300キロのドライブです。
翌日は情報処理技術者試験を受けるので、試験終了後はとんぼ帰りの強行スケジュールです。

試験会場は山口県の秋穂のセミナーパークです。周りは畑しかないところです。車でないとたどり着かないと思います。
会場の入り口にたどり着いてから駐車場まで4人の誘導員がおり、いたせりつくせりです。駐車場には山口ナンバー、下関、北九州、福岡、熊本などが多数で、8月の九州統一試験の敗者復活かなと感じました。

平成24年の受験者数は掲示から読み取ると300人ちょっとでした。
農業  55人
特定   9人
一般 245人

試験実施のスケジュール
 9:30 集合
 9:45 着席・説明
10:00 試験開始
10:30 退場可能
12:00 試験終了


さて、山口県の毒物劇物取扱者の傾向と対策です。

毒物劇物取扱者試験は300点満点で、合格基準は「総得点が、総合点の60%以上で、かつ、各科目の点数が、満点の30%を下回らない者。」となっています。

法規    100点
基礎化学  50点
品目    100点
実地     50点

過去問は3年分(H21-23年)分、ホームページで公開されています。
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15400/index/sokugekimondai.html

H20年より過去は、のりりんさんの個人のホームページで公開されております。
http://www.c-able.ne.jp/~kenryumm/

攻略方法は、法規で高得点とって、実地で足切りをクリアして、その他はそこそこでしょうか?と考えてましたが、試験の1週間前に法規と基礎化学を中心に勉強することにしました。

過去問を調べてみると過去3年分しっかりやっていれば傾向もつかめます。
H20年より過去は「品目」の出題傾向が若干異なっていたので、H23-21の3年間を分析した結果、

「法規」は3年分やれば9割カバー
「基礎化学」は傾向がつかめる程度
「品目」は中毒症状20点、貯蔵方法20点、廃棄方法20点、漏えい時20点、その他20点
中毒症状は捨てて勉強せず。貯蔵方法と廃棄方法は過去3年に出題されなかったところのみ直前暗記。漏えい時は流し読み。その他は流し読みとする。
「実地」は3割を切らない程度に流し読み。

今回のために購入したテキストは「毒物劇物取扱者合格教本」です。神奈川県の出題ベースです。

毒物劇物取扱者合格教本

毒物劇物取扱者合格教本



試験を終わった後のテキストの感想です。
「法規」はとても薄いですが、山口県の出題を9割程度カバーで優れている。
「基礎化学」は参考程度。
「性質」は8割方出題をカバーしているとおもうけど、物質ごとの関連性がわかりにくい点がある。
山口県の貯蔵方法と廃棄方法の40点分の勉強がしやすい。
「実地」は直前の短期の勉強にあまり向いていない。

さて、試験の手ごたえです。試験当日に一番気になる「実地」から答えを調べて自己採点しました。
(自己採点用に作った解答例を2chにアップしましたが、なにも反応がありません)

実地     50点中 採点したら40点
基礎化学  50点中 採点したら46点
品目は   100点中、おおよそ48-56点ぐらいかな?
法規    100点中、70点分を採点したら50点あったので、この時点で180点をクリア。残りの30点分は採点せず。

果報は寝て待てということですので、一ヶ月後の合格発表後の合格証書の郵送を待ちます。
県外で合格した人しか郵送されないようですけど。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。